アットベリー 写真

黒ずみケアで話題の薬用アットベリージェル

そもそも黒ずみとは何で出来てしまうのか気になりますよね?

ワキやヒジやヒザなど目立つ部分に黒ずみが出来てしまってもどのようなケアをしていいかわかりません。

この黒ずみに対しては、自分でどのような対策が出来るのでしょうか?

今回は

・黒ずみが出来る原因
・自宅でできる黒ずみ対策
・黒ずみ予防について
・出来てしまった黒ずみを薄くする方法

などについて説明していきます。

まずは、ワキやヒジなどにできてしまう黒ずみとは何なのでしょうか?

黒ずみが出来てしまう原因とは?

困った人3

黒ずみとは「色素沈着」のことです。

色素沈着とは、メラニン色素が皮膚の奥にとどまってしまうことによって起きます。

日常で出来てしまう原因として

・皮膚が強く擦られる(ワキの下や太ももの内側など)
・衣類の摩擦などで刺激を受ける(ビキニライン・デリケートゾーン)

などが考えられるそうです。

場所別にみると

場所の別黒ずみの原因とは?

【ワキ】
・カミソリによる剃毛や毛抜きによるムダ毛処理の刺激、衣類や運動による摩擦

【ひじ・ひざ・くるぶし】
・カラダを洗う時の強い刺激や、ヒザ立ちなどの摩擦

【デリケートゾーン・Vライン】
・下着の摩擦や締め付けによる刺激

【顔・その他】
・吹き出物を潰すなど

ではどのように対策すればいいのでしょうか?

自宅で出来る黒ずみ対策とは?

基本的にどこの場所も強い刺激や摩擦、こすれが原因になっています。

基本的な対策として大切なことは

強い刺激や摩擦を与えないようにする】ことです。

先程あげた4ヵ所それぞれの対策を見てみましょう。

それぞれの対策方法

【ワキ】
・処理をする時に、なるべく刺激を与えないようにしっかりとジェルやクリームを使って処理する。
・処理の後には十分に保湿をする

【ひじ・ひざ・くるぶし】
・カラダを洗う時は強く擦らずに洗う、洗う素材を柔らかいものにする
・ヒザ立ちなどをなるべくしないようにして刺激を減らす

【デリケートゾーン・Vライン】
・引き締めの強すぎる下着は着用しない
・下着の素材は柔らかくて刺激が少ないものを選ぶ

【顔・その他】
・吹き出物などができないように清潔に保つ
・吹き出物ができてしまっても潰さない

これなら、今すぐからでも簡単に対策が出来そうです。

自宅で出来る黒ずみ対策まとめ

良い口コミ 2

この様に、自宅で出来る黒ずみ対策の基本は「皮膚の摩擦や刺激を減らすこと」です。

しっかりと保湿をしてお肌の刺激を減らしてあげることがとっても大切です。

日常生活の中、ちょっとした工夫で黒ずみ対策ができそうですね^^

できてしまった黒ずみを減らすには、しっかり保湿することと皮膚の入れ替え(ターンオーバー)を正常に整えることが大切です。

アットベリーならしっかりと保湿しながらターンオーバーを正常に整えるのを助けてくれます。

>>アットベリーの効果についてもっと詳しく見てみる

乳首訴求

アットベリーの口コミとレビュー

アットベリーの公式サイトはこちら